漱石の作品

漱石の作品の紹介

漱石の作品をデビュー作『吾輩は猫である』から読んでいくと、漱石の歩んだ道と重ね合わさる部分を見出すことができます。明らかに、作風や、漱石が読者に伝えたいことが作品ごとに変わっています。それは、漱石の人生を反映しているようです。
Kindleで読書

電子書籍リーダーKindleが読書を強力にサポート

電子書籍リーダーKindleの魅力を伝えます。Kindleには本を便利に読むための機能が盛りだくさんです。視力が低下して紙の本が読みづらくなっている人に特におすすめです。楽天Kobo、カラー電子ペーパーBOOXについても少しだけ触れています。
Kindleで読書

Kindleのサービスの魅力

Kindleの電子書籍サービスについて超簡単に説明しています。詳しい説明は省いています。サービスの概要を把握することができます。知っておくべき注意点も分かります。楽天Koboのことについても少し書いてあります。
漱石の作品

『こころ』を読み解く

『こころ』は漱石後期三部作の最後の作品です。漱石の小説の中で大変人気のある作品です。他で人気のある作品として『吾輩は猫である』や『坊っちゃん』を挙げることができますが、これらは漱石初期の作品です。晩年の作品の中で是非とも読みたい小説です。
漱石の作品

『行人』を読み解く

『行人』は、漱石の後期三部作の2番目の作品です。人を理解することの難しさが浮き彫りにされています。登場する人物それぞれの苦しみが細密に描かれています。「死ぬか、気が違うか、それでなければ宗教に入るか。僕の前途にはこの三つのものしかない」という重い言葉が出てきます。
シェアする
タイトルとURLをコピーしました